現在のPCサポートについて

オンラインロゴ作成サービスで新しい「よかウェブ九州」のロゴを作りました

ご機嫌いかがでしょうか。
とものすけ です。

6月2日に「よかウェブ九州」として発足から3年がたったとお伝えしましたが、
3年経過したことで気持ちを新たに、
よかウェブ九州のロゴを新しくしました。

よかウェブ九州ロゴ

これ、ネットで簡単に作れちゃうのですね。驚きです。(後述)

今まで使っていたロゴは、
フリー素材の模様画像をダウンロードして
Photoshopで文字を入れて組み合わせたものでした。

よかウェブ九州

名刺、Facebookのプロフィール画像、プレゼンテーション資料のヘッダーなど、
ありとあらゆる場所で活躍してくれました。
簡素なつくりですが、個人的にも気に入っています。

そのままでも何の不自由もなかったのですが、
画像と文字とが一体化しているのと、
正方形であるがゆえにかえって合わない場面があったりもしました。

以前から会社のロゴやクリニックのロゴによく見かける
シンボルマーク的な画像と社名などの文字とをそれぞれ独立させて
好みの配置が作れるロゴができたらいいなあと思っていたので、
今回実践してみることに。

目次

どうやってロゴを作ったのか

ロゴ作成というキーワードであれこれ検索して、
いくつかおすすめサイトを紹介してくれた中から、
今回はこちらを選択しました。

LOGASTER

LOGASTER | ロゴメーカー | オンラインロゴ作成
https://www.777logos.com/

ロガスター」というサービスです。
ネット上でロゴが作れるという、
小規模ビジネスやスタートアップに最適なサービスですね。

Logasterとは、スモールビジネスのオーナーやスタートアップ企業が、わずかな時間でプロ品質のロゴとブランドアイデンティティを作成することができるオンラインサービスです。

このサービスは、ブランド製品開発のみならずロゴ、ファビコン、名刺、ビジネス封筒、レターヘッドそしてスタイルを作成する機会をご提供します。必要なのは企業名の入力やビジネスタイプの選択をするだけです。既製の各種のスタイルの中からあなたのセンスにあったデザインを選ぶだけでよいのです。

会社概要|LOGASTER

簡単にロゴが作れてダウンロードまでできる

自分のビジネスに合ったカテゴリと名前(日本語対応)を入力するだけで、
膨大な画像+文字のロゴイメージが出てくるので、
あとは気に入ったデザインを選択。
自動提案してくれる数がそれこそ数百個のレベルなので、迷ってしまうぐらいです。

ロゴを完成させたら、
単一サイズのみ(背景透かし入り)のロゴは無料でダウンロードできます。
オンラインサービスならではのフットワークの軽さです。

ブランディングのためのロゴをお手頃価格で購入

ここまでで満足してもよいのでしょうが、
ブランディングのためにロゴを使おうと思ったら、
ユーザー登録(無料)して、まずは作成したロゴデザインを登録。
私のようにいろんな形のロゴを作って試してみたい人向け?に
複数パターンをそれぞれ保存しておくことができます。

本格的にロゴを使用する際は有料で複数色のロゴパターンや
大きいサイズで使えるロゴデータをセットでダウンロードできるようになります。

一般的な画像ファイル(PNG、JPG)をダウンロードすれば
ホームページ、ブログ、自作の書類の中などすぐに貼り付けができます。

また、Facebook、Twitter、Instagramなどの
プロフィール画像、プロフィールアイコンに合わせたサイズを選択して
ダウンロードもできます。
作ったロゴがそのままSNSにも使えるのは、あれやこれやと準備できない起業家には嬉しいですね。

追加オプションはオススメ

さらに「ブランドキット」と呼ばれる、
名刺やレターヘッドなどロゴ付き印刷物も注文可能。
私とものすけの場合、
ファビコン(ホームページを見るソフトやスマートフォンのアイコンとして表示させる小さな画像)を作成できるメニューがあったので、ブランドキットを購入。
ロゴだけの購入金額に5ドルを足せば手に入るのでこれもお得♪

簡単なサービスゆえの注意点

自分ではできないロゴが作れる!
という目的に特化して使うにはボリュームたっぷりのサービスだと思います。

ただし、
お気に入りの色に合ったロゴが見つからない
日本語のフォントは不自然な見え方の文字もある
ブラウザによって編集に制限がある
ダウンロード後の画像加工などはどのみちテクニックがいる
(これはロガスターのサービス対象外ですから致し方なし)

このように
自分でこだわって作りたいという人には物足りないかと思います。

オンラインサービスの「軽さ」を体験

考え込んで立ち止まらず、
フットワークの軽さを活かしてモノを作ったり、問題解決をしたりする。
インターネットで完結するオンラインサービスは次から次へと生まれています。

自分ではできないけれど、何かできることはないかな?
こんな軽い気持ちで、できないこと解決ができるように
あなたもオンラインサービスを探してみてください。

あなたのオススメのオンラインサービスがあれば、
ぜひ教えてくださいね。

それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
閉じる