現在のPCサポートについて

ホームページを自作する事業者向けおすすめサービス情報【2020年秋】

目次

ホームページを自作する方へ

とものすけのアイコン画像とものすけ
自分でホームページを作成する人のためにオススメのサービスを紹介します!

この記事では、ホームページ自作歴20年を超えるとものすけが使っている、または使って大変役に立ったサービスを厳選して紹介します。

ホームページ自作のための支援もおまかせください!

よかウェブ九州は中小企業や個人起業家の一人ひとりに合ったホームページサポートに多数携わってきました。

技術支援を中心に運用アドバイスやコンサルティングなど、御社だけのお悩み解決をお手伝いします。

問い合わせフォームはこちら

 

無料から始められるホームページ作成サービス

ペライチ (ホームページ作成)

ホームページはたった1ページ、それこそ紙1枚の「ペライチ」でもOK!
ターゲット、テーマを一つに集中させて読みやすくし、お客さまを迷わせずに来店、申し込み、予約、資料請求、アポイントなどへ導くホームページを作ることができます。
しかもスタイリッシュなテンプレート揃いでデザイン性にも優れたホームページになるのもオススメです。

Jimdo(ジンドゥー) (ホームページ作成)

会社・団体案内、店舗紹介などオーソドックスな形のホームページを作りたいならJimdo(ジンドゥー)がオススメ!
テンプレートを選んだら、あとは自分らしく文章と写真を差し替えていくだけ!
必要なだけページを追加することもでき、さらに地図、動画、SNS投稿、ファイルダウンロードなど多彩な埋め込み機能もあり、やり方次第で外注するレベルのホームページに作り込むことも可能です。
あまりに独りよがりなコンテンツにこだわってしまうと、テンプレートの見栄えを崩してしまいかえって素人の作ったサイトっぽい印象を与えてしまいます。
また、無料版ではホームページアドレスの一部に「jimdofree」の文字が含まれるため明らかにホームページにお金をかけていないことがバレバレになります。
どのタイミングでもよいのですが、Jimdoを使うなら有料版(年額およそ12,000円弱から)を契約し、独自ドメインを使ってPRしていくのがよいかと考えます。

WordPressでホームページを作る方へ(レンタルサーバー)

エックスサーバー (レンタルサーバー)【オススメ】

WordPress管理画面の体感表示スピードが速く、最もコストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーです。
初めてワードプレスサイトを作る人にも優しい「WordPress簡単インストール」という機能もあります。

独自ドメイン取得も同時に申し込みできるだけでなく、定期的なキャンペーンでドメイン管理費用が永久無料(レンタルサーバー契約期間中に限る)という大きなメリットも!
10日間の無料試用期間中に簡単に作り込みをして使用感を体験することもできます。

さくらのレンタルサーバ

WordPressでホームページを始めるときのお得なプランが低コストで提供されています。
管理画面がリニューアルされ、さらに使いやすくなりました。

 

独自ドメインの取得も同時に申し込みできます。
また、自力で問題解決するための公式マニュアルが充実しています。
最安値のプランを選ぶとWordPressでホームページを作る場合いくつか制限が生じます。また日々のホームページ管理においては何の支障もありませんが、数千ページなど大量のデータを抱えた場合は手動バックアップなどの処理に時間を要することがあります。
2020年の管理画面バージョンアップにより、今後ホームページ管理の利便性にも変化が訪れるのではないかと思います。

独自ドメイン取得も一緒に!

土地・建物にあたるレンタルサーバーと、看板・表札にあたる独自ドメインとは一括管理が便利です。

ホームページを自社制作・運営管理する際に料金の支払いをスムーズにしたい場合は、
エックスサーバーさくらレンタルサーバーに付随した独自ドメイン取得サービスを使って申し込みをしましょう。

WordPressテーマ(デザインテンプレート)

ワードプレスサイトのデザインの骨格を形作るものを「テーマ」と呼びます。

作り方を問わず、ホームページの見栄えは重要です。
しかし、見栄えの作り込みはかなりの技術の習熟が必要となります。
プロに頼むとなると、さらに費用もかかります。
そのための時間とお金とをかけるのであれば、ある程度形が出来上がった見栄えをもとに自分らしくアレンジするのが近道となるのはおわかりいただけるかと思います。

Lightning Pro

WordPressテーマは自分であれこれ探してみたり人から聞いたオススメテーマを使ってみたり、いろいろと試してみると楽しいのですが、「そんな時間がない」「選べなくて迷っちゃう」という方にはビジネス用途にも対応でき、無料でシンプルな形から始められるLightningテーマをオススメします。

Lightning公式サイト(ダウンロードもこちらから)

Lightningは、ホームページ制作の専門の知識がなくても集客に役立つホームページやブログが簡単に作れるように開発された無料のWordPressテーマです。

Lightningの特徴より

Lightning - シンプルでカスタマイズしやすいWordPress.org登録無料テーマ -
Lightningの特徴
Lightningの特徴Lightningは、ホームページ制作の専門の知識がなくても集客に役立つホームページやブログが簡単に作れるように開発された無料のWordPressテーマです。
Lightningのオススメポイント!

  • 無料で導入が可能(有料版Lightning Proへの移行もラクラク)
  • ビジネス用のホームページにも使えるデザイン
  • パソコン、スマートフォンそれぞれで見やすく、かつ同じ内容を見てもらえる
  • 初期の見栄えがシンプルなので、必要な情報だけ用意してすぐに公開できる
  • ページタイトルの設定や概要文の入力などSEOを意識した設定項目も装備
  • シェアボタンやアクセス解析設定が簡単にできる
  • 有料のオプションテーマがあるため、見え方で差をつけることもできる

SWELL(スウェル)

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマシンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

WordPressのエディタ移行に対応するため、
2020年夏より、当サイトもSWELLを使って運営しております。

SWELLのオススメポイント!

  • ビジネス用ホームページに適した洗練されたデザイン
  • パソコン、スマートフォンそれぞれで見やすく、かつ同じ内容を見てもらえる
  • WordPressのブロックエディタに完全対応
  • ふきだし、FAQ、ステップなどのレイアウトブロック導入も簡単
  • ヘッダーカスタマイズによりブログ中心にも固定ページ中心にもできる
  • 目次を自動生成するため長文も読みやすい
  • SEO設定を別プラグインでシンプルに

パソコンのそばで相談

メール配信を始めたい方向け

利用価値が下がっていると言われているものの、Webでビジネスを展開する上でメールは絶対に使わないといけないため、特定の顧客に向けたアナウンスの手段としてメールの一斉配信も活用できる余地はあります。

使い放題のステップメール「アスメル」

特定のテーマに沿ったメールの無料購読、無料サービス利用者向けのフォローといった目的でスケジュールを決め、メールを自動配信する仕組みのことをステップメールと呼びます。

ホームページに申し込みフォームを設置し、見込客向けのステップメールをご案内する際に便利なメール配信サービスです。

ほぼすべてのステップメールサービスには1ヶ月あたりのメール送信数上限が設けられているのですが、「アスメル」はメール送信数無制限が最大のメリット!
ステップメールは仕組みがやや複雑なため、管理画面の取り扱いに慣れるまでは大変です。
また迅速に大量のメールを相手に届くように送ることに特化しているため、配信するメールの原稿は自分で準備しなければなりません。
迷惑メールやスパムメールを送らないようにするためメールリテラシーも高める必要があります。
あらかじめどのようなステップメールを企画するか決めておき、原稿も用意しておいた方が無駄な時間を使わずに設定できるかと思います。

さぶみっと!メール配信

申し込みから14日間はお試し期間として無料で使えます。
ステップメールは配信しない、少人数でもメールを送る相手が決まっている、定期的な告知用にメールマガジンを活用したい、そんな方へオススメ!

自分でやってみたけれど・・・

ホームページを自分で作るためにいろいろがんばってみたが上手くいかないとか挫折してしまったとかいうあなたを、よかウェブ九州はサポートします!お気軽にご相談を。

問い合わせフォームはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる