出張PCサポートについて

私の「これまで」と私が思う「これから」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

パソコンに限らず、スマートフォンやタブレット。
IT機器が「共感」「共有」「共鳴」するための道具であって欲しいと願います。
そして、その願いを形にするための一翼を担っていくつもりです。

私が本格的にパソコンに触れたのはインターネットが急速に普及してきた時期。
携帯電話やPHSが文字数制限の中で会話の手段になっていた頃です。
ホームページ閲覧、電子メール、WordにExcel、あるものは自分で動かしていきました。
そんな「使える人」を求めていた時流に乗って、パソコン操作を「教える」仕事に就きました。

初めての教える相手は、学校の先生。
また、生徒たちへの授業やパソコン学習準備にも。
振り返れば、楽しい日々でした。

その後、向かい合う相手は変わりながらも、インストラクターの仕事を続けました。
途中、直接会うことのない相手だったり、人よりもパソコンの画面と向き合うことが多かった時も。

それでも、パソコンを使って仕事をする、生活に役立てる、楽しむことへのお手伝いは変わりませんでした。
人が楽しめれば、それでよかったのです。

転機は「キャリアカウンセリング」という言葉を偶然目にしてから訪れました。
職場は次々と変わり、やっとのことで正社員で拾ってもらった会社に務めていた頃。
拾ってくれた人への恩義よりも、ずっとその人のために働き続けられるか?を問いかけて、
今以上に自分ができることを追い求めたいと思い、仕事を辞めて資格取得に励みました。

逃げたことに間違いはありません。
ただ、環境が変わっても戦うことは変わらず。

キャリアカウンセラーの資格を得ても、すぐに飯が食えるわけでもなく。
働き口を探しているうちに、中小企業へのパソコンインストラクターという職を得ました。
偶然にして再びパソコンインストラクターの仕事に。
さらに多くの人と出会うきっかけをもらい、パソコンスキル以外でたくさん勉強させてもらっています。

いまだ何もかも中途半端、勉強の途中である自分自身を振り返って、
自信を持ってできることといえば、真剣にパソコン操作を教えること。
それと、パソコンはやってみたら楽しいよ、ということ。
これらのことをはっきりと伝えたいです。

非力であり、愚直であると思いますが、
これらの積み重ねが、一人でも多くの人の仕事に役立つように、
またこれから仕事に邁進する若者たちへの道標につながるように、
日々がんばっていこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる